シンプルな葬儀にしたい|家族葬で故人を送り出す【身内だけでお別れができる】

家族葬で故人を送り出す【身内だけでお別れができる】

シンプルな葬儀にしたい

蝋燭

新しいスタイルを採用する

人生の節目節目でそれに相応しい儀式が営まれることになっていますが、人生の一番最後を飾る儀式が葬儀です。一人の人間が今生での生活に幕を下ろし、あの世に旅立つことを広く知らしめるために行う儀式ですから、費用をかけて行うのが当然といった風潮がありました。しかし、いわゆる忌みごとの儀式に高額の費用をかけることにどこまでの意味があるのだろうと疑問を感じる人が増えてきました。また、お金の多寡で悲しみの大きさを量られることを好ましく思わない人もたくさんいます。そのため、寝屋川市では新しいスタイルの葬式が営まれるケースが増えてきています。新しいスタイルの葬式には、家族葬、一日葬、直葬などがあります。寝屋川市でよく営まれているのは家族葬ですが、直葬を選ぶ人もたくさんいます。寝屋川市に限らず全国的に名より実をとる人が増えてきていますので、新しいスタイルの葬式を営む人が今後さらに増加するだろうと予想されています。

葬儀の特徴

先程、寝屋川市で今人気になっているのは家族葬と直葬だと書きましたが、まだそのようなスタイルの葬式に一度も参列したことがないという人が案外たくさんいます。自分で実際に体験してみないことにはその良さを理解することができません。そのため、自分が喪主になった時には従来通りの無難な形式で葬式を出すという人が多いです。しかし、人気を集めるだけあってとてもメリットの多い葬儀形式なので、興味がある人は調べてみることをお勧めします。家族葬は、家族や親しい知人、ごく近い親戚などが集まってこじんまりとした規模で営む葬儀です。もう一方の直葬は、通夜や告別式を行わずに、火葬だけで済ませる葬儀です。そんなに手を抜いてしまうと故人に対して失礼になってしまうのではないかと心配する人もいますが、故人の死を悼む気持ちさえ持っていれば、供養に欠けるところは何もありません。